鼻血の止血方法

鼻血の止血方法

鼻血が出てしまった時、どうすれば早く止めることができるのでしょうか。正しい知識を持っておけば、外出先で鼻血を出した時も、落ち着いて対処することができます。以下は圧迫による止血方法です。

 

まず、床又は椅子に腰を下ろしてください。次に、上半身を前に傾けるようにしてください。鼻血が出ると反射的に上を向いてしまう人がいますが、これは危険です。というのも、血液が喉のほうへ流れ込んでしまう恐れがあるからです。

 

親指と人差し指の2本の指を使って小鼻(鼻の穴の入り口付近にある骨のない柔らかい部分)を摘んでください。これらの操作を順番通りに実行していけば、通常約5分で止血することができます。もし血液が止まらない場合は、15分程度患部を圧迫してください。

 

もし20分以上圧迫しているのに出血が止まらないようであれば、病院で診てもらうことをオススメします。そのまま出血が続くと、危険な状態に陥る恐れがあります。圧迫の強さについては、痛みを感じない程度の強さを心がけるようにしましょう。

 

鼻血を止めるために、鼻の中にティッシュを詰め込む人がいます。しかし、これはティッシュを取り外す時に鼻の中を傷つける恐れがあります。やはり、2本の指を使って鼻を圧迫したほうがより確実に鼻血を止めることができます。

 

また、詰め物をしたとしても、滴る鼻血を抑える働きがあるだけで、止血効果は極めて低いです、尚、詰め物をする場合には、ティッシュではなく、綿等を使うようにしましょう。そして、詰め物を取り外す時は、やさしく丁寧に行いましょう。